日本小児科学会の発表

新型コロナウイルス感染症に関して、子どもの感染者数は成人と比べると少ないが、感染しやすさは年齢で変わらないことがわかってきました。

家庭内で感染していることが多く、発熱、乾いた咳を認める一方で、鼻汁や鼻閉などの上気道症状は比較的少ないとされています。成人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。成人で報告されている嗅覚や味覚の異常が子どもで認められるかは今の時点では不明です。

感染していても無症状である可能性も指摘されていますが、子どもは正確に症状を訴えられないことに注意しなければなりません。

感染症対策は引き続き必要ですね。

笹塚こども空手教室 洗心道会館杉並支部

前の記事

感染対策

次の記事

小学校も再開